2024.6.2(日)

 

スピリチュアリズム思想体系【Ⅰ】…②

     【人生観】…後半

 

(1)多くの人の人生の実態

(2)熱心な宗教者の人生観…宗教的人生観

(3)スピリチュアリズムの初期の人生観

        …霊魂説に基づく人生観

          (初歩の霊的人生観)

(4)シルバーバーチの人生観

      …霊的価値観にに基づく人生観

             (霊的人生観)

 

 

今月は人生観の後半の学習を行いました。

 

(4)シルバーバーチの人生観…霊的価値観に基づく人生観(霊的人生観)

 

スピリチュアリズムの初期の人生観は、地上人の立場から人生を眺めたときの見解でした。

それに対してシルバーバーチは、霊界人の立場から地上人生を眺め、地上人生の本質と意義を明らかにしました。

シルバーバーチの霊的人生観は4つのポイントにまとめることができます。

 

①地上人生は、一時的な仮の人生

・霊界での人生がメインであり、地上人生は、永遠の人生の中のほんの一瞬にすぎ

 

②地上人生は、霊界人生のための準備期間

・人間は、短い地上人生を通して霊的成長の基礎を築き、霊界での生活の準備をしていく

・地上人生は霊界人生のための“訓練場”

・地上ならではの体験を通して、“基本的な霊的成長”を達成し、霊界での永遠の生活に備える     

・地上人生の目的は「霊的成長」、すべての人間は、霊的成長をするために地上に誕生してきた

 

③地上人生で最も価値があるものは、霊的成長(霊的成長至上主義)=霊的成長に最大の価値を置く在り方

・地上人生も、霊界人生も、すべてが「霊的成長」のためにある

・人間が霊界に持っていくことができるのは、霊的なもの、精神的なものだけ、地上人生でどれだけ霊的成長をすることがで

 きるか、それが一番重要なこと、あらゆるものの価値は、霊的成長を基準として決められる

・地上で霊的成長をした人……価値のある人生を送った

 地上で霊的成長をしなかった人……価値のない人生を送った

※価値ある人生とは、霊的成長を促す生き方のこと

 

④霊的成長を達成することが正しい地上人生

霊的成長のための3つの実践項目   

霊主肉従の努力(霊優位の努力)……霊主肉従の状態になることで神が造った自然界と調和し、霊的成長ができるように

                  なる

利他愛の実践……利他性に基づく生き方をすることで霊的成長ができるようになる=神の摂理に一致した愛

苦しみの甘受……神の摂理から逸脱した生き方で生じた苦しみを、摂理違反に対するシグナルと受け止め、間違った生き方 

         正していく=霊的成長にとって不可欠なもの

 

シルバーバーチは霊的人生観の中で、霊的成長の重要性を繰り返し述べています。地上人生の目的は“霊的成長”という一言で言い尽くされます。折角の地上人生を無駄に過ごし、死後、後悔をすることが無いよう、正しい地上人生・最も価値ある地上人生を歩むための学習となりました。

 

シルバーバーチの言葉

「大切なのは、人間は永遠なる魂であり、地上生活はその永遠の巡礼の旅路のほんの短い、しかしなくてはならない一部なのだという事実を知ることです。」

                                                            (Guidance from Silver Birch)

 

シルバーバーチの言葉

「本当の価値の尺度は霊的成長度です。霊的成長は、日常生活における言動や行為によって自ら達成していくものであり、それがすべてなのです。お金で徳は買えません。お金で霊的成長は買えません。お金で霊格は高めることはできないのです。」

                                          (地上人類への最高の福音)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                


※今回も学習の前に参加メンバーが講義の発表を行いました。テーマは「救済の観点から見たスピリチュアリズムの全体像です。メンバー全員が見守る中、緊張しながらも練習を重ねてきた成果が発表され、すばらしい完成度に全員が感動し、次回以降に発表を控えた他のメンバーにエールを送るひと時ともなりました。


✿参加者の感想

 

 

●今回はシルバーバーチの霊的人生観を学習しました。霊的観点から地上人生の意義、目的、位置づけを学ぶことができました。これまで地上人は霊的無知故に、神の願い、意図から大きく外れた生き方、地上世界を築いてしまいました。そのため地上は暗黒の世界になってしまいました。ですが、霊的真理が降ろされた現在は違います。スピリチュアリズムによってはじめて、地上人生の意味や目的をはっきりと知ることができるようになったのです。人類の希望と光が、救いの灯火が、目の前にあることがどれほど幸せなことか改めて実感する学習会となりました。

最も価値がある「霊的成長」がなんの困難、失敗なく簡単に手に入れることができたのなら、それに一体何の価値があるのでしょうか。肉体というよろいをまとい、負荷を与え、不自由さの中で、本能的な欲望に負けそうな時に霊的真理を人生の指針・バイブルとし人生を立て直していく、しがみついていく、自らの力で霊的成長という真の宝・霊的宝をつかんでいく、そして、真の喜びを享受することができるようになる。この神がつくられたシステム、配慮に深い愛を受け取りました。

誰もが地上人生を基本的な霊的成長する場所と位置づけて歩める世界を招来できるよう、真っ先に真理を手にした私たちが、まず、霊的成長を最も価値あるものとし、すべてのものごとを霊的成長のためと位置づけて、霊的人生を歩んでいかねばと思いました。

 

 

 

●今日はシルバーバーチの人生観について学びました。私は本当にずっと「人生」について考え続けて来ました。私にとって人生を考える必要性があったのは、いつも何かもの足りない、しっくりこない、人より遅れている、これといった人生訓、座右の銘、自分の中で納得する真理がみつからないといった思いを抱えていたからだと思います。シルバーバーチによってこの地上人生は仮の人生だと教えられて救われた気持ちになりました。そして真の人生の意味を知ることができました。これまで多くの人や書物からとにかく行動することの大切さを言われてきました。行動できない自分に劣等感を覚えることもありました。しかし行動の指針となる真理がない中でどこへ動けばいいのかもがいていました。ようやくシルバーバーチと出会い、人生の方向性が見えました。霊的成長です。これまでの苦しみも意味があり、これからも重い肉体の鎧を背負いながら、強い意志と忍耐力を養っていくことが道であり、もう迷いはありません。真理の実践あるのみです。

 

 

 

●本日はスピリチュアリズムの思想体系Ⅰの人生観の後半部分を学びました。地上人生で最も価値があるものは霊的成長、これがすべてのものの価値を計る基準であり、霊的成長に関わらない人生には価値がないということを再認識できました。

シルバーバーチの言葉を参考にしながら、肉主霊従に流されないだけの霊的コントロールを身につけ、まわりの人達に愛を与えられるような人間になりたいと思います。その上で、「地上でどれだけ成長できるか」や、霊的人生を歩む上での基本である「霊主肉従の努力」と「利他愛の実践」そして「苦しみの甘受」を常に念頭に入れつつ、一日一日を無駄にせず奉仕の人生を歩んでいこうと思いました。

 

 

 

●今日は前回の[人生観]の復習と「シルバーバーチの人生観」を学びました。真理に出会う前は、なんとなく人生は修行だ、学びだと感覚で考えていました。なので、人生の目的は「霊的成長にある」という事実を知ったのは本当にありがたいことだと日々感じています。今日も改めて霊的同胞にこの事実を伝えなくてはならないと思わずにはいられない気持ちになりました。若い時は、人は皆わがままだから自分もそれでいいんだと思っていたし、どうせ死ぬのだから、楽しまなきゃ損だと思い人にもそう言ってきました。この年になり、お金やモノになんの価値もないことや、人に喜んでもらえることが自分の幸せだと感じられるようになって真理を教えていただいたこと、導いてもらったこと、摂理をつくっていただいたことを天の親様に心から感謝いたします。苦しみを霊的成長のチャンスとして受け止め、喜んで受け入れるようになれるよう努めてまいります。

 

 

 

●今日は「スピリチュアリズムの思想体系Ⅰ[人生観]」の中のシルバーバーチの人生観を学びました。

霊的真理の中で1番伝えたいのは、今日の講義の中にあった“地上世界は霊界人生のための訓練場”であるということです。このことを知っているか知らないかで苦しみについての考え方が180度変わってきます。そして、知っているだけでなく、それを用意してくださった大霊である神への感謝の気持ちを持つことができることによって、この地上人生を歩む力となります。(今日学んだ2つのルートで霊的成長していくのを知り神の愛の慈悲深さに感動しました。)

真理を知った当初は「知識を知る」という段階でしたが、最近は神への感謝の気持ちが湧き上がってきます。しかしまだまだ未熟で、自分の利己的な部分に気づいたり、成長の途上であります。又、得た知識や気づいたことを日々の生活で実践していくのは本当に難しいと思いますが、今回の地上人生の過ごし方で、霊界に行った時に後悔しないように頑張っていきたいと思います。

メンバーの講義発表については、客観的に見れることにより気づきがありました。気づきが与えられたり、学べる機会がある今の環境は本当に有難いと思います。

 

 

 

●死後の世界が永遠であるとは思うものの、私自身は今の地上人生がやはりメインになっているように感じました。特に問題や苦しいことなどがあると、自分の神の摂理に反していることがあるのではないかというところまでは頭がいきますが、なかなか甘受というところまでいっていないように思います。

霊主肉従の努力・利他愛の実践・苦しみの甘受と、できる機会がある時を逃さないように常にアンテナをはり、霊的成長をすることができるサイクルをよくしていきたいと思いました。そして、この地上において既に与えられている物事などへの神の愛と恵みにも想いを巡らせていくように心掛け、問題や苦しいことにつまずいたり、足止めされないよう気を付けていきたいと思います。

 

 

 

●人間はどこから来て、何のために生き、どこへ行くのか、霊界があること、この世が一時的な仮の人生であること、地上人生の目的、霊的成長を達成することが正しい地上人生である。では、霊的成長をするためにはどうすれば良いのかを学習しました。スピリチュアリズムに出会わなければ、全く自分の考えだけでは分からなかったことばかりです。本当に価値のある人生とは、ということを知ることが大切なのだと知りました。一人でも多くの人に人生をムダにせぬよう、このスピリチュアリズムを伝える道具として使用に耐えうる自分を目指したいと思います。すべてはただ私たちの霊的成長を願う神の愛に深く感謝いたします。

 

 

 

●本日はシルバーバーチの人生観を学習しました。霊界から地上人生を見ると、一時的な仮の人生で、メインは霊界人生であり、地上人生は準備期間で苦しみがあってもあたりまえと理解しました。当然ですが、地上人生の目的である「霊的成長」をするのは簡単ではなく、強い意志と忍耐力が必要と感じました。年齢を重ねると日々が過ぎるのが早く感じてきます。一日一日を霊的成長のために意識していかないと、あっという間に地上人生が終わってしまいそうです。

正しい地上人生で終わるためにしっかりと霊的成長を意識していきます。

 

 

 

●前回の学習で「霊的新生のためにすべきこと」を学び、“道具意識”が気になって、理解したいと感じながらこの1カ月は過ごしてきました。そして日常生活の中で、まさに今日学んだ“利己愛”と“利他愛”が地上人生では多くの人々によって交錯しているのだと実感をもって感じることができました。トラブルや苦しさの元には利己愛が強くあり、それを利他にできれば…などと考えていると、利他と道具意識がつながった感覚になり高揚した日もありました。

また今日は苦しみの甘受を学び、私にとってはスピリチュアリズムとの出会いとなった「娘の不調」についてヒーリングを受けて調子が波打ちながらも快方している今、やはり「良い機会・経験」と思え始めている自分にも気づきました。娘が不調となった当初、あれほど動揺した自分がウソのようです。